※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

Az 作詞/即興魔

君は自身が無くて いつも僕の背を見てた
いつかきっと・・・!そう息巻いて僕を追った
誰よりも強がりで、口ばかりの僕
君を認めると負けそうで、怖かった
まだまだ君は駆け出しさ
いつまでも後ろで居て
まだまだ僕は上へ行くよ
だから君は見ていて欲しい
あれから何年経っただろう「貴方が目標なの」
まだ君は言っている、求める物には貪欲になれ
少しずつ強くなった 見違えるほど大きくなった
皆が認める大きな存在 でも僕を追いかけてる
もう大丈夫、君は一人前の大人だ
泣きじゃくっていた姿が霞むよ
認めたくないけど、肩を並べてる
小さかった君はどこへ行ったのだろう
経験を重ねた君 人一倍努力した僕
いつかきっと・・・!君はまだ言っている
誰よりも輝いていて 眩しい君
スポットライトと涙で見えなくなった
どうして僕はココに居るんだ?
いつからか後ろで居て
まだまだ君は上へ行くよ
だけど僕は君を見ている
ファンに囲まれた君はとてもとても遠くて
涙で君が見えなかった、君も僕が見えてなかっただろうね...

(このページは旧wikiから転載されました)