※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

Forsaken Doll 作詞/41スレ523

純白のドレスを身に纏った可愛い人形 どうか捨てないでと哀願する 
ああ なんて美しい鳴声
純白の花弁を鏤めた可愛い人形 どうか捨てないでと這いずり回る 
ああ なんて美しい仕草
その喉元に振り下ろすのは 鈍く光る断罪の刃
床一面に飛散する・・・
狂おしいほど咲き誇る 真紅の華
足りない 足りない 足りない 足りない
狂おしいほど輝いた ルビーの粒
足りない 足りない 足りない 足りない
純白の砂に埋もれた 可愛い人形 どうか捨てないでと 見つめ続け
ああ なんて美しい瞳
この喉元を潤すのは 鈍く光る命の欠片
ワインより甘く美しい・・・
狂おしいほど鳴り響く 真紅の唄
足りない 足りない 足りない 足りない
狂おしいほど輝いた ルビーの海
足りない 足りない 足りない 足りない
捨てられた人形に映る空は 赤黒く濁り
やがて純白の雪に覆われていった

(このページは旧wikiから転載されました)