※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

笑う意味さえ 作詞/41スレ651

忘れていた思い出の写真 馬鹿笑いしてる二人
今はもうセピア色に褪せてくね 紅茶色の二人
出会った時は全てがクリアで
透き通った世界が、永遠と
続くよ、どこまでも…
そう、信じていたのに
隣に眠る君は温もりすら残さない
幻の影に、声に、微笑に、涙に、
とりつかれた、ただの蝋人形
笑う意味さえ、忘れていたのに...
覚えてた君と出逢った場所 今は隣には無い影
一つだけ伸びてゆく、冬の夕日が笑いかけてた
君の居ない世界は全てが滲んでて
黒い空が涙流すよ
まるで、僕の心のようで
いつか・・・また・・・
街中で君の香水の香り
ふいに振り向いた
でもそこには君は居ない
涙を流す蝋人形

(このページは旧wikiから転載されました)