※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

わかめ酒 作詞/41スレ702

少し赤味が差した 白磁の中に
とっておきの 甘露を注ぐ
濡れた舌に 心地よい刺激 なーんてね
海草にお酒なんて あわないと思っていた
そんな時代が 自分にもありました
海草じゃないと 知ってからも
いまだ 憧れのまま 飲んだことがありません

(このページは旧wikiから転載されました)