※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

人ごみの中で  作詞/91スレ9

冷たい雨が肩を濡らす
擦れ違う人の波の中で
自分の存在を考えたら
急にちっぽけに感じたんだ
誰かが言ってた 「世界でひとつの君」
だけど Only Oneでも必要とされない花があるとしたら
どうしようもないほど切なくなったら
少しだけ笑ってみる
人ごみの中のちっぽけな僕には
誰も気づけやしない
あてなんかないさ ただ歩いていたいだけ 少し冷えてきたな

(このページは旧wikiから転載されました)