※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無題(10スレ231)  作詞/10スレ231

  勇気付けてくれる者さえ居ないと言うのなら
 所詮その程度だ 我が人生
冷たくなった手を握ってくれるものもいなければ
 頬へ流れる涙を止めてくれる人も居なくなった
  もうあきらめる時なのかもしれない ひと段落しよう
星の数を数えながら…
伝えたい言葉はもう君には届かない
 列車の時刻を確認
    まだ君はこの町を離れてないようだね
でも広くて大きなこの都会じゃ
 それでも離れ離れと言うらしいんだ
 もうあう事はないことぐらい僕にだって分かる
だからお願い 音も立てずにそっと僕の目の前から去ってくれ
   それが最後のお願い

(このページは旧wikiから転載されました)