※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

見失ったごきかぶりを  作詞/19スレ166

ドーナツの穴は名前のある無いもの
うとましくもうらやましくもない
しかばねの名はこの世に無い有るもの
てらす月の名は世のうつりをうつしてうつらうつら
もう電車が行ってしまった
ここに何を残したか誰に問おうか
ロックキャンディのように甘さの余韻を置いて砕けてしまおうか
しかと生きた証は紙につつまれて消えよう
たとえば不思議な体液とともに在ったとしても重なった信仰は闇
いきたあかしはいずれ消え去る記憶の中に 君の夢へとフラッシュバックしよう

(このページは旧wikiから転載されました)