※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無題(22スレ52)  作詞/22スレ52

あなたと共に泣くのでしょう
夕闇の中 なんだか少し寂しくて 僕の手は どこか白く透き通る
堪えられない痛みと 悲しい今の自分には
もう嫌になって でも頭は未来信じてて だけど、少し死にたくなった
嗚呼 こんなにも必死に生きていること それがとても馬鹿馬鹿しくて
僕らはいつも沈んでる
そして今、この憂鬱に あなた触れてくれたのは何故
青空の下 なんだか空虚に思えて あなたの声は とてもよく響いてる
この世界の価値とかと 現代に悩む僕らは
どこか浮ついて まるで風船みたいだね そして、涙が溢れてるよ
ねえ、そんなにも共感しようとするのは なんかとても滑稽だなぁ
僕らはいつも笑ってる
でもそれは、この寂寞を 一人で背負う十字架だった
あなたの傍に居て ただ生きていたい僕は
どうしてだろう 子供みたいに安らいだ やっと、抱きしめたいよ
嗚呼、僕らのどこか似ているところは とても人間らしいんだろう
僕らはいつも耐えている
でもきっと、僕は辛い時 あなたと共に泣くのでしょう そして明日は歩けるでしょう

(このページは旧wikiから転載されました)