※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

綿菓子 作詞/25スレ28 作曲/382スレ135

夜空に咲いた太陽と 屋台の香ばしい匂い
心の中で膨らんだ 綿菓子は甘い匂い
カラコロと慣れない足つきでかかとを鳴らす
髪を彩る簪(かんざし)に今日の期待を込めた
大きく吸い込んだ夏風は 湿った雨の予感
大きく伸びた君の影を 必死で追いかけていた
夜空に咲いた太陽と 屋台の香ばしい匂い
心の中で膨らんだ 綿菓子は甘い匂い
キラキラと散ってく花火が河川敷に注ぐ
着こなした君の浴衣姿 頬が赤く染まる
小さい耳に揺れるピアスを 君は褒めてくれた
小さいなりに背伸びしながら ずっと想い焦がれてた
夜空に咲いた太陽と 屋台の香ばしい匂い
心の中で膨らんだ 綿菓子 君に渡した
夜風が頬を撫で吹いた 長い静かな夏祭り
君に渡した綿菓子は 溶けてキラキラ・・・

音源動画



(このページは旧wikiから転載されました)