※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無題(34スレ212) 作詞/34スレ212

君が置いていった ぶかぶかの指輪を
そっと人差し指に 通してみた
捨てることすら出来ずに
ただ その香りに すがり付いていた
この部屋は 君の色が こんなにはっきり映るなんて
一秒過ぎるほどに 強く強く 感じてしまうの
この部屋は 君の声が こんなにはっきり残るなんて
ただ私は 何も出来ずに 見つめるだけで
君が置いていった たくさんの写真を
そっと人差し指で なぞってみた
捨てることすら出来ずに
ただ その笑顔に 想いを吐き出している
この部屋は 君の影が こんなにはっきりいるなんて
一秒過ぎるほどに 強く強く 感じてしまうの
この部屋は 君の匂い こんなにはっきり残るなんて
ただ私は 夢に抱かれて 眠るだけで

(このページは旧wikiから転載されました)