※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

海と空は星のごとく青く 作詞/42スレ237

身は熱く燃え 血は紅く波をうち
存在を実在を示してる
大地揺れ弾け 私は天を仰ぐ
海と空は星のごとく蒼く
君の後ろを 追っていたけれど 何も変わらぬ毎日
私はいま 一人で旅立ち もう何もいらない
片道切符 戻りはしない 初めてこの町へと行く
沢山の分かれ道 私だけでいく
この胸に思い託して
身は熱く燃え 血は紅く波をうち
存在を実在を示してる
大地揺れ弾け 私は天を仰ぐ
海と空は星のごとく蒼く
ここまで来たら 夢にも出てこない 何もないと思っていた
私はいま 一人で旅立ち けど何故涙が溢れてる
君への思い 褪せたりはしない 常に対等に見てくれた
沢山の分かれ道 私だけでいく
貴方への感謝と告白
心清く燃え 漆黒の髪揺らめき
記憶を消したい過去思い出させる
君を信じてる この両手を離さないで
夢と愛若芽のごとく碧く
身は熱く燃え 血は紅く波をうち
存在を実在を示してる
大地揺れ弾け 私は天を仰ぐ
海と空は星のごとく蒼く

(このページは旧wikiから転載されました)