※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

僕の中の不実 作詞/39スレ111

不実な花が 又咲いている 艶やかに 妖しげに 枝垂れてる
 揃わない 言の葉は バラバラに
 距離の無い 足跡は 散り散りに
  吹き荒れた 嵐の後に残るのは さよならだけ
不実な風が 又吹いている くすぐって 撫でまわし 吹き過ぎる
 正直な 言の葉は 誠なく
 意味の無い 足跡が 消えてゆく
  駆け抜けた 空の果てに映るのは さよならだけ
不実な空が 又巡ってる 翳ったり 照らしたり 空ろって
   この花に 惑わされ
   この風に 迷わされ
   この空に 戸惑った
  剥き出しの 諸刃に触れて刻まれた それぞれが
  別々の 道を歩いて交差する
  お互いの 道を歩いてすれ違う

(このページは旧wikiから転載されました)