※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

温度 作詞/39スレ232

昨日はここに貴方の温度があったのに
今日はシーツの温度だけ
昨日は汗を染み込ませたシーツも
今日はあたしの涙が滲む
もう二度と戻らない一夜
もう一度と願うは満月
涙があたしの頬を滑る
冷えた身体を包むはシーツ
もう貴方の温度は消え去り
一人 あたしの温度があたしを包む
もう二度と見れない笑顔
もう一度とあたしは涙
涙があたしの頬を滑る
冷えた身体を包むはシーツ
もうあたしの温度は溶け込み
一人 シーツの温度があたしを癒す
一人 シーツの温度があたしの慰み

(このページは旧wikiから転載されました)