※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

アサガオ 作詞/39スレ299

A)眩しく光る空の青
ヒコウキグモ
風の音昼下がりの木陰
シエスタ気分
夜は一面の星空が
アステリズム
部屋の中でも作れる空
プラネタリウム
B)風に乗せて響くバスの音
途中下車した僕の耳に残る
S)君はまた花を咲かせて
子供みたいな花
日差しが照りつけ 夏の暑い日
僕はまた今年もだろう
水をあげるのが
僕の役ならば
君は花の役さ

(このページは旧wikiから転載されました)