※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

魂よりも安い奴等より安い奴等 作詞/43スレ292

アリンコを踏んずけながら小学生が笑ってる
僕は飛び回りながら それを見ていた
小さい頃からの幼馴染が殺虫剤で
殺られたのを聞いたのは 昨日のこと
僕等は魂よりも何よりも安上がり
掌に潰されて 目の前が消える
そんな日を覚悟しながらも
部屋の中を行ったりきたり
貴方の前を行ったりきたり
殺虫剤は外道だぜ意識が飛びそうだ
目の前がかすれたのは 涙のせいかな
僕等は魂よりも何よりも安上がり
掌に潰されて あっけなく終わる人生
過去の前を行ったりきたり
未来の前を行ったりきたり

(このページは旧wikiから転載されました)