※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

百人で踊るよりも 作詞/43スレ294

夜の街に 街灯の光
さぁ踊ろう 影が舞う
屋根の上で 猫より飛び踊ろう
私は怪盗 義賊と呼ばれる怪盗
光輝く太陽の下よりも
月の下で君の顔を見たい
屋根の下で皆とタンゴ踊るよりも
空の下で君とワルツを踊るよ
夜の街は 朝焼けの息吹
もう終わりだね 影が舞う
屋根の上に 月より早く待ってくれ
私は怪盗 夜にしかここに来れない
くるくるまわるような鳥になって
君を連れて夜の街を観たい
君に心盗まれるようだから
偽悪者さ悪になりきれないね
仮面外し君と踊りたいよ
月の下で君と話
屋根の下で100人で踊るよりも
屋根の上で君と星空を語るよ

(このページは旧wikiから転載されました)