※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

路上の哀歌 作詞/にゅる

僕がいつも使う路線は49号線
不吉な数字さ 気にしたら負けさ
出社の途中で轢かれた猫を見つけた
猫だったのかどうかさえ分からなかったけど
忘れ物取りに行ったときには綺麗になってた
なんだか悲しくなった
いつか僕が死んだら やっぱり綺麗になっちまうのかな
なかった事にされて 簡単に忘れられちまうのかな
僕らはこの道 何処かへ続く道
分からないから進むしかない でも後戻りも禁止じゃない
後ろを見てみろ そうしなきゃ見れない花だってある
僕の行く道 君が行く道 そのうち重なるかもな
いぇいいぇい いぇいいぇい いぇいいぇい いぇいいぇい
僕らはこの道 何処にも行かない道
気付いていても進むしかない とにかく進むしかない
疲れたら休もうぜ 一緒にDAKARA飲もうぜ
僕の描く未来 君が描く未来 そのうち重なるだろう
たとえ君が死んだときでも 僕は忘れないだろう
うぇんきぅうう!!

(このページは旧wikiから転載されました)