※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無題(34スレ130) 作詞/34スレ145-146 作曲/34スレ130

あの日紅に染まった夕焼け空に僕は
あの日みたいにまた染まった夕焼け空に僕は
胸満たされ 思い出す
天使のような笑顔
もう一度あの日みたいに 紅に染めてみたい
少し冷めたこの心
善悪なんて実際はないのかもしれないよな
僕の生きている意味は価値はないのかもしれないな 
なんてそんなことはどうでもよくなるほど oh

あの日見た夕焼けは 笑顔は 綺麗すぎて
いまだ 忘れられない
oh oh いつまでも
夕焼け空見るたび僕は思い出すだろう あの笑顔を
あの紅を oh 紅を
oh
もう二度と oh もう二度と
同じ情景を見ることは出来ない あの笑顔も、もう見れないけど
時間は流れる
無情にも流れる
流されること
しかできない僕だ
けど
せめて胸をはって踏ん張って進もうか
過去で・・・後ろで・・・
彼女の微笑みが、見守ってくれてる
僕の背中を日が照らす

音源

曲/34スレ130 詞/34スレ145-146


(このページは旧wikiから転載されました)