※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無題(40スレ446) 作詞/40スレ446

カレンダーの最後の日を見て机の上見て泣きを見る
まるで温度計の100度地点の世界
この終わりはセミの脱皮より生々しくて
終わらない宿題デスマーチの鐘の音で
すいかの赤より鮮烈な色で
ひまわりの黄色よりも今までが美しく見えて
入道雲と同じくらい新学期への不安がふくらんで
一緒にのったあのジェットコースターより恐怖で
あつい夏の終わりなんですね
明日から、どうなっちゃうのわたし!って質問の答えは、『いつもと変わらない』。
とりあえず、明日も会えるけど、宿題おわらないしメールしていい?

(このページは旧wikiから転載されました)