※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ノ 作詞/つまだ

終わりが 見えない始まりを
旋律この手で 奏でて今
ただここで 悲しみを 歌う少女
何時までも 何時までも
「思いやりなら私を傷つけて」
(いつかの偽り貴女の為です)
「幾つも待とうが貴方を知らずに」
(幾つも数えど貴女を知らずに)
物語の続きから
詠み進めたくても
しおりを無くしてしまい
哀れに陥る
終わりが 見えない始まりを
旋律この手で 奏でて今
ただここで 悲しみを 歌う少女
何時までも 何時までも
ねぇ 寂しいです

(このページは旧wikiから転載されました)