※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

涙の焼きそば 作詞/44スレ344

夜店で買った焼きそば 持ち帰ったら冷めてた
今の僕たちを写すみたいだね
香しい香りも 消えてしまった
口に運ぶ度 なんだか切ねぇべや
君が言った言葉 「アタシは所詮青ノリなのよ」
青ノリは歯にくっつくだろう? ずっと離れずいるだろう
今日の焼きそば何食べよう イカ入りにしようかな
でも君がいるなら キャベツも紅生姜もいらない
今日の焼きそば何食べよう 焼きうどんにしようかな
君の言葉繰り返す 涙の焼きそば さぁ食べよう
口に運ぶ度、涙がこぼれた
塩味じゃねぇのに、なんだかしょっぺえよ

(このページは旧wikiから転載されました)