※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

童貞 作詞/44スレ367

大人になる頃には
忘れてしまうんだろう
僕が見てきた汚い世界は
無かったことになるんだろう
少し泣いた後で 僕は思い出してる
夢の青さと 締め付けた首筋
やり場のない思いを僕は吐き続けた
そこに意味はないと知っていたのに
冷たすぎた夜 襲い来る虚無感
そこに意味はないと知っていたのに
存在を否定するくらいの嘘をついた
汚れてしまうことに憧れがあった
そこには真っ黒な夜があった
僕は吐きだした
白い事実を吐きだした

(このページは旧wikiから転載されました)