※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

春眠暁を覚えず 作詞/にゅる

頬を撫でる 桜の花が 指を伝う 水面へ溶ける
目を閉じれば 暖かな 木漏れ日と 夢で笑う貴方
記憶の中では幸せでした
このまま、眠り続けていれたら
もう貴方の姿も見えなくなるのかしら
切ない 切ない指に 触れた花
目を覚まして 浮かんだ声が
心の奥にずっとある
泣いて 泣いて自分さえも滲んで見えた

(このページは旧wikiから転載されました)