※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

Broken Glass 作詞/52スレ83

窓越しに萌える春草が 朝の日差しに輝いて
カフカの小説で見た 物語のようにぼくは部屋にいた
水槽に沈んだ水草が 青い光に照らされて
うずくまるぼくの 横顔を眺める君が置いたコーヒーカップ
ああ どうしてめがね壊れちゃったんだろう
ああ どうしてねじ外れちゃったんだろう
どうせ君の顔は 見えもしないイリュージョン
そしていつものように この机の前で
悶える君の ネットラジオが騒ぐ

(このページは旧wikiから転載されました)