※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

虚無 作詞/一(にのまえ)

財布の中には五百円
残りの煙草があと二本
あと何日で日が暮れる
ミスをした
どこでミスしたかは分からない
しかし決定的なミスをした
日が暮れるまで後4時間
俺が終わるまで後何時間?
胃が縮む音を聞きながら
そこには音楽の様に草の音
間違えたのは俺の所為
猫の悲鳴が苦痛でならない
あの子の下着は冬の色
きっと今日もどこかで待ちぼうけ
口ずさむ歌は歌詞を忘れ
リズムだけで踊り明かす
サイレンが闇を裂く
日が暮れるまで後4時間
俺が終わるまで後何時間?
煙草が切れた
買いに行くのは面倒くさい
寝て過ごす籠の中
嗚呼虚無

(このページは旧wikiから転載されました)