※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

死にかけダイゴロー 作詞/にゅる

何があるか分からない 君がくれたこの道
あの日箱の中の僕を 抱き上げた細い腕
君と並んで歩いた 呼ばれる名前「ダイゴロー」
同じ高さの視界じゃないけど とても幸せだった
でもある日君は 白い車に乗ってった
辛そうな笑顔で「大丈夫だよ」と言いながら
一人で待つのは僕はイヤだから 僕も連れてってくれないか
僕は君がいなきゃダメなんだ 僕の主人は君だもの
窓際真っ白い部屋 君は管が繋がれて
目を開けようともしない 窓際に揺れる花
僕は見るのが辛くて そこから逃げ出した
町の外れの原っぱまで とにかく逃げ出した
君が昔本で読んだ 四つ葉のクローバー
僕には何も出来ないから 君のために探すよ
夕日が落ちても朝日が昇っても 真っ黒になっても構わないんだ
君が笑ってくれるなら たとえ死んだっていいんだ
一人で待つのは僕はイヤだから 僕も今会いに行くよ
今にも倒れそうだけど 幸運の印をくわえて
君がそこにいる それが僕の幸せ 今行くよ待っててくれよ
僕は…ああ
もう前もよく見えない 名前を呼ぶ声「ダイゴロー」
あぁ君のために贈るよ 君の笑顔を見せてよ
何があるか分からない 君がくれたこの道
最後まで一緒に歩きたかった だから泣かないで

(このページは旧wikiから転載されました)