※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

カレンダーガール 作詞/48スレ469

「朝から精が出るわねw」と 君は微笑みながら
スカートの裾に手をかける 僕に声をかけてくれた
「ちなみに今日は赤だよw」と 君は頬を染めながら
青いスカートを剥ぎ取った 僕に舌を出してる
あっかんべー!とした瞳が 少し赤く見えたから
泣いたのか?と思いながら 君の顔に近づいて気づいた
12月31日 日曜の朝 今日は大晦日
明日は君と出会って一年の 記念日になる筈だったのに
12月31日 君の名は カレンダーガール
一緒に君といられる期限は たったの一年間だけ
「何今頃気づいてんのw」 君は涙を溜めながら
寒いから早く抱いてと 僕の唇を塞いだ
ありがとね♪と呟いて 少し間があってから
ご褒美だよ☆と言いながら 君と僕は初めて繋がった
12月31日 日曜の夜 今日は大晦日
明日は君と出会って一年の 記念日になる筈だったのに
12月31日 君の名は カレンダーガール
一緒に新年迎える前に 君はそっと眠りについた
次の日 ふと横を見ると・・・眠ったままの彼女がそこにいた
赤いスカートをめくると 黒いブルマーには 1月1日
「今年もよろしくね///」

(このページは旧wikiから転載されました)