※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

無題  作詞/93スレ336

君がいつも舐めてた
イチゴのキャンディ
今はもうコンビニにも並ばなくなった
僕がいつも求めてた
君の姿とかニオイ
今はもう身近に感じられなくなった
ある日君を見た 新しい相棒をつれて
やめとけばいいのに 僕は駆ける 君へ
かっこよくない みっともない こんな再開のしかたは
黙って通り過ぎればよかったのに
耐え切れない感情が
足を 体を 僕を 支配してく
君の前に立ち
不機嫌に佇む君に
イチゴのキャンディを
差し出して走るんだ
どこまでも

(このページは旧wikiから転載されました)