※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

いつか 作詞/49スレ455

あの頃ぼくは 少年だった 未来は無いって思ってた
それからぼくは 大人になって あの頃のぼくに憧れる
未来は無いさなんていう 未来だったらあったから
光は雲に隠れてた でも雲の向こうには
光があるって信じれた あるはずだって信じれた
いつか 光をまた見ても
ぼくは 雲に逃げ込むさ
見えてるだけの光なら
見えてるだけの光なら
いつか 光をまた見たら
ぼくは 両手を伸ばすだろう
見えてるだけの光でも
見えてるだけの光でも
いつか...

(このページは旧wikiから転載されました)