※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

僕と彼女 作詞/一(にのまえ)

セックスの後のギラついた汗も拭わず
彼女は煙いと笑いながら僕の腕に包(くる)まった
僕は煙草を深く吸い深く吐いて煙で遊んでいた
キスして欲しいとせがむ君に
煙草の火を消しクチズケすると
彼女は煙草臭いと言って笑った
幸せな一時に君にキス
溶ける程にキスして
僕等溶けて交じり合った
外は静かで救急車のサイレンだけが鳴り響き
今この部屋は僕等だけの空間だった
二人はきっと通じ合っていた 繋がっていた
彼女はセックスの後いつもキスをせがむんだ
幸せな一時に君にキス
溶ける程にキスして
僕等溶けて交じり合った
交じり合った
溶けて交じり合った
外は静かにサイレンが鳴り響き

(このページは旧wikiから転載されました)