※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

赤毛のデイジー  作詞/94スレ207

別に何かが嫌いじゃないんだけど
右目前髪で隠してた
半分の世界はいつも白黒(モノクロ)で
腐ってるのって知ってた
私はただ、キャンパスに色が欲しいだけで
腕を切った。それでも黒かった
黒い世界でみんな笑ってる
私ひとりおいてけぼりで
隅でこっそり泣いていたのよ
恨み呪い呟きながら
何故髪が赤いと知ってるのか知らずに

(このページは旧wikiから転載されました)