※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

シーラカンスの時代 作詞/つまだ

A)100人の微笑感じながら アイデンティティを守る
夢追い人に
僕はなっていた
B)ヒレが消えて
代わりに腕が
望んだからか
なぜか生えてきた
A)水槽の中の回遊魚 越えられない壁触れて
羨ましいと
恐らく思うだろう
B)僕は死んで
生まれ変わり
その時にはもう
夢を手にしていた
S)ただ
立ち尽くすことも出来ずにいた
あの日が 今は懐かしい
S)まだ
進化をとめないこの体に
時代は 追いつかないから あぁ

(このページは旧wikiから転載されました)