※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ひとすじの詩 作詞/つまだ

夕暮れ 染め上げ 夏の日の海は橙
砂浜 足跡 白波に浚われて
瞼を 閉じれば 描いた思い出の中で
月日の 流れを 過ぎていくのを感じ
僕は
ひとすじの詩 潮風に乗せ
届かぬものかと願うけど
それも今更 戻らぬ時
僕と 君を 繋いで
嗚呼
ラララ

(このページは旧wikiから転載されました)