※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

空梅雨  作詞/94スレ460

ある晴れた6月の下 梅雨入りしたけど雨は降らない
僕はまたぼんやりしている
あの娘は今でも頑張ってるのに
僕はぼんやりしている
クラスに慣れた近頃輝くあの娘が気になって
たるんだお腹を引き締めたいのに
根性全然足りないよ
ビリーの力を借りようかなぁ
あの娘と仲良くなりたいなぁ
僕がぼんやりしている間もアイツがあの娘とメールしてる
明後日テストで現文ヤバイが 未だに僕は上の空
恋愛サイトをいくつも見てみる
僕にできる技はない
ぼんやりバンプを聞いてみたよ
僕の背中を押すのか藤原
僕がぼんやりしている間もアイツがあの娘と・・・・
一回限りの人生だもんね ビビってやんなきゃもったいないよね
明日は少し話してみようか 可愛いあの娘と話してみようか
梅雨入りしたけど雨は降らない

(このページは旧wikiから転載されました)