※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夏  作詞/94スレ474

海水浴場 はぐれた君を探し
キョロキョロと 海の家の前
そんな僕の尻を 何かが蹴る
足をたどれば 可愛い君だった
膨らんだ頬 不機嫌な瞳
スミマセンが そんな君が 好きで好きで仕方ない
「ずっとずっと歩んで行こう」
そんなことをほざいてみる
「出来ない約束はするな」と
君の足が僕にヒット
灼熱の空 たのしいひと時
終わり行く夏休みの 寂しさを背中に感じて
夜の小波 線香花火
18連射を片手に持って
「来年もまた、こよーね」

(このページは旧wikiから転載されました)