※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

そして彼女は兎になった 作詞/あくし

A)雨が降るこの町皆は忙しない
何故だかとても悲しくて地面睨んだ
B)水溜まりの上を跳ねる雨いろのウサギが
長い耳をゆらゆらと振るわせた
C)青い空 白い雲 花が咲くあの丘
思い出せない 笑えないよ 待ってよ
S)握り締めた古い地図はもう掠れて読めない
埃被った写真立てをそっと伏せてこっそり泣いた
(間奏)
A)雨上がりの空に虹が架かっている
何故だかとても切なくて瞬きをした
B)アジサイの間を跳ねる虹イロのウサギが
まあるい瞳で僕を見て笑う
C)深い森 手を引いて 僕の前を歩く
君の顔よく 見えないよ 待ってよ
S)白い煙が空に昇って消えては混じる
君の顔思い出して誤魔化す様に鼻をすすった

(このページは旧wikiから転載されました)