※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

(無題)  作詞/625スレ254

真昼の生殖行為、餓鬼が出来るなどと露知らず。
触れ合う体温、餓鬼が憎いと言う女子。
だが、諸事情など知らん。腰を振る。餓鬼が出来ると露知らず。
子が泣く夜、親どこや?
少女からの性的興奮に迷う必要はない。諸事情など知らん。性的衝動。無く心。
真昼の生殖行為、餓鬼が出来るなどと露知らず。
触れ合う体温、餓鬼が憎いと言う女子。
だが、諸事情など知らん。腰を振る。餓鬼が出来ると露知らず。
だが、真昼の生殖活動を俺は知らん。堪らない腰を振る。餓鬼が出来ると露知らず。
子が無く昼や親誰や?
泣き声聞かぬ親何故や?
餓鬼が笑う。興ざめ昼や餓鬼が泣く。知らんと俺は腰を振る。殺風景、真昼の空や、餓鬼がなく、少女の夢や、儚き花よ。
子が無く昼や親誰や?
泣き声聞かぬ親何故や?
生殖活動に励むなや