※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

見えるものだけを見ようとする行為 愚かしい事ですよ 作詞/にゅる

不自然な髪型 妙にツヤのある髪型
もみ上げが浮いている 僕の前の席
見た目は20代後半
やたらと後頭部を気にする
僕はじっと見つめてた そこにある白い紐
白髪なんかじゃないよ その太さは
手を伸ばしてみたいけど それは禁じ手
僕には彼を救うことができない 僕には声をかける権利もない
彼が気付くのは四時間後、安らぎの直後の絶望
彼が最後に見せた笑顔思い出す
僕は心から笑えはしなかった
地面を見つめたまま考えていた
僕は弱い人間だ
安らぎの後に訪れる絶望
僕はフランダースの犬以来に泣いた
あの時言えたのなら、何かが変わっただろうか?
あの時言えなかった言葉が今の僕を責める
見たくない事実がそこにはあった

(このページは旧wikiから転載されました)