※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

第三者  作詞/にんぢん(622スレ554)

暑い夏の昼下がり 風の吹かない教室
嫌いな数式の羅列 眺める僕の住んでる街
真っ赤な太陽瞬き始め
アスファルトを焼き付ける光で
タイヤのゴムを溶かしてく
自分は世界の傍観者
斜に構えて生きて ピエロみたいに死んでいく
自分の世界が乱反射
かっこつけてみて 浪漫を夢見て消えていく
照りつける太陽の臭い 意味を持たない工場
苦手な夕焼けの時間 眺める星の行き着く空
自分は世界の傍観者
一歩はずれてみて 誰にも知られず死んでいく
自分の世界を再発射
夢を夢見て生きてみて 見ることも無く死んでいく