※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

【きみの星】  作詞/622スレ546

廻る時計の針を眺める
君が七色に光ってる
ささいなコトバささいなセリフ
胸のポケットにつまってる
虚ろな星にたたずむ僕は
乾いた小石を拾ってる
かすれた影を広げておどる
風が吹いて月がゆれてる
黒い空におどされて僕は灯りを求めてる
君に似た様な声で君は横顔を薄く切ってゆく
手を伸ばしても触れられやしない
追いかけてみても追いつかない
息をひそめて息をしている
真昼の水面に隠れてる
集めた小石を積む僕の頭の中をガチャガチャと
虫がなんだか騒ぐので僕は眠れないでいる
八月のうねりの中で閉じるカーテンの隙間から
僕をずっと見ている君をずっと見ていた
八月のうねりの中で閉じるカーテンの隙間から
僕をずっと見ていた君をずっと見ていた
lalala…