※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

暗い窓  作詞/いっくん(622スレ371)

過去を断ち切ろうとすると あの日のことが蘇る
そしてまた僕は 鎖につながれて地面をひっかく
届かない光に手を伸ばして 触れようとするたび 逃げていく気がする
暗い世界は僕を離してくれず その痕が刻まれる
切り取られた希望を はばたく翼が見えたんだ
ああ 僕も空を飛びたいなぁ
地べたに張り付いて 石ころみたいだ
誰か僕を空に投げてくれないか
ただ落ちていくだけでもいいから