※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

君とダンス  作詞/つまだ

愛想笑いでうたうなよ
語らぬ君よ
すべて 束ねて 言ってやるべきか
僕の台詞を
だんだん目を逸らすなよ
ガラスの君よ
とにも かくにも 安っぽくなるさ
僕の気持ちも
月並みだろう
まるでそれは 仮面のように
嗚咽ながら
爪をたてて くるくる回る
夜のとばりで 二人は踊ろう
嘘なんて わかってやれるのに
手を取り合って 届かず終いさ
本当は わかってやれるのに