※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

『仮面』  作詞/618スレ273

(c) Please do not conceal the sadness.
(a) 静かなひとときを消しさるかのように賑わいだした教室 いつものように始まる 「今日」
 笑い声が周りに広まる 素直に笑う君の隣で また静かにはじまる私の寸劇 楽しそうに笑う 珍しそうに驚く 見事に演じられていく感性 劇は続けられてく 
(b) 枯れてく感情に水をやる仕事をやめてから 悲しみを笑顔に隠して生きていく毎日が 僕を埋め尽くす
(サ) ありのままでいられたら きっと私にもあなたの「笑顔」の美しさを正面から感じただろう
ありのままで生きれたら きっと私は綺麗な涙を落とすことができただろう
きっと 仮面を剥いで本当の笑顔を向けれるだろう
Please do not conceal the sadness. It is not necessary to wear a mask.
(a) 「今」は続く 一瞬先にバトンを託しながら 一秒、一秒進みまた過去を生み出す 無限に続くループ おわらない世界 変わらない状況を引きずり回して 今日も彷徨い 劇を続ける
進め 脳内に響く自分の声 聞こえないフリをして 立ち止まり 座り込む 追求はいらないと決めつけ また愛を捨てる
(b) 散っていく花びらに心を預けようとしたけれど ただ舞い落ちてまた 風にのり流されてく 私を残して
(サ) いまのままでいたら きっと私にはあなたの悲しみや笑顔や涙の意味はわからないだろう
あなたの思いを 感じることなくただモノクロの世界を歩いていただろう でもそれは悲しすぎるから
(d) かすかな空気の振動が鼓膜に響くあの光はあなたなの? あの声はあなたなの?
ずっと囁きかける あなたが必死に奏でている 歌
(サ) ありのままでいられたら きっと私にもあなたの歌をちゃんときけただろう ありのままで生きれたら きっと私は綺麗な涙を落とすことができただろう
あなたといっしょに
(サ) ありのままでいられたら きっと私にもあなたの「笑顔」の美しさを正面から感じただろう ありのままで生きれたら きっと私は綺麗な涙を落とすことができただろう
きっと 仮面を剥いで本当の笑顔を向けれるだろう きっと あなたと歌うことができるだろう きっと 楽しくなるよね
(c) Please do not conceal the sadness. Please do not conceal the sadness. ひとりじゃないから