※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

氷柱夜  作詞/まらいあ

ただとがって鋭くなって どうなろうというの?
滴る悲しみが また少しそれをとがらせていく
ただ冷たく凍っていって なにをするというの?
滴る悲しみは まだずっと冷たいままで
大きくなればなるほど危うくて
時にそれは他人をも傷つけて
あなたはそうやって 誰かに折られるのを待つの?
寒いでしょう? そんなところは
風も強いし 雪も降るでしょ?
暗いでしょう? そこでの夜は
はやくこっちへ 来ればいいのに
ただ脆くて崩れやすいそれに なぜなろうというの?
滴る切なさは また少しそれを融かして落ちる
ただ不安定で危ないそれに なにをもとめているの?
滴る切なさは また少しそれを先細りにする
冷たくなればなるほど脆くなり
時にそれは自分をも傷つけて
あなたはそうやって 自然に折れるのをのぞむの?
恐いでしょう? そんなおわりは
試練もきっと 楽じゃないでしょ?
不安でしょう? そこでの夜は
はやくこっちに 来ればいいのに
あなたは融けてしまうことを恐れて
幸せになろうとしない
あなたは幸せを知らないまま
いつか消えてしまう
恐いでしょう? そんなおわりは
試練もきっと 楽じゃないでしょ?
不安でしょう? そこでの夜は
はやくこっちに 来ればいいのに
そんな氷の心は捨て去って
はやくこっちに 来ればいいのに