※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

灯台  作詞/つまだ

交わした言葉から聞こえた
当てのないわだかまりが逃げるよ
裸足のまんまで灯りもない
夜明けの海辺を目指して
擦り込まれた日々に見つけた
確かな思い出とか理想は
途切れてしまったその先まで
大事に抱えて行くんだろう ずっとさ
際限のないイメージを
むやみやたらに
かじっては無くして
両極端な存在感の
軸を削っていく
きっと終わってしまう 嗚呼
残響に共鳴 腐ってしまいそうになる
鳴り止まない闇に 引き込まれそうになる
でたらめな証明 光った先に何がある
偽りだらけの 僕にいったい何があるのか
願う