※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

おてんとさま  作詞/わたし

1:あしたは いいてんき  あさっても いいてんき
しあさっても いいてんき
きのうは きりさめ  おとといは ゆうだち
きょうのてんきは わからない
あめが ふってもいいの  あおぞらが みえなくてもいいの
ひざしが つよくてもいいの  たのしければ それでいいの
2:あしたは ゆうえんち  あさっては みんなであそんで
しあさっては おすしをたべて
きのうは ながあめ  おとといは ごうう
あしたこそは きっとね
ゆきが ふってもいいの  かみなりが なってもいいの
きたかぜが つよくてもいいの  げんきだったら それでいいの
ないたりなんて しないから
いうことは ちゃんときくから
あしたは いいてんきにしてね  きっとね
あめが ふってもいいの  あおぞらが みえなくてもいいの
ひざしが つよくてもいいの  たのしければ それでいいの
ゆきが ふってもいいの  かみなりが なってもいいの
きたかぜが つよくてもいいの  げんきだったら それでいいの
わらっていれば いつかきっと