※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

空気  作詞/ミヤコ

なんだかんだ言って最終的には
君のすべてを許してしまうから
甘いなぁ 更に言えばなんで傍にいるの?
そんなふうに言われるけれど
ほら 君だって息をしなきゃ生きられないでしょう?
僕にとってソレが君だった
ってだけの話
流れていく時間の何気ない場面の
どんな場所にも君が無愛想な顔して
傍にいてくれればいい
枯れていく身体の何気ない変化と
足りない頭で苦しむ僕を呆れた顔して
叱りつけてくれればいい
君を精一杯吸い込んで
君を精一杯愛していく
言葉には出さないよ
ずっとこのままがいい
流れていく時間の何気ない場面の
どんな場所にも君が無愛想な顔して
傍にいてくれればいい
手も繋がないそんな関係が続いても
どんな風に見られても僕と君は
繋がっているから
空気のように当たり前に