※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

雪  作詞/まらいあ

雪が降る 君が泣く 僕がなだめる そして堕ちて行く
離さない 抱きしめる 君をもとめる またも堕ちて行く
あしあとと しとしとと 降り積もる雪 それで十分だ
君を抱きしめる理由は それで十分だ
こんな日ばかりだった いつも雪が降っていた
あの時は君と隣り合わせ 緊張してまたしどろもどろ
そんな日ばかりだった いつも胸が鳴っていた
だけど今君は前を歩く 振り向いて君は少し笑う
理想ばかりが募っていく 現実は甘くはないのに
見つけたのはたくさんの君 いい君もそうでない君も
それすらも認める気になった人はあなたが初めてで
いつの日か いつだって 君を求めていたよ そうしたら
君はほら 受け止めて 僕を見てくれた ただそれだけで
あしあとと しとしとと 降り積もる雪 それで十分だ
君を好きになる理由は それで十分だ
話してばかりだった だから別に気にしない
心では君と隣り合わせ 緊張せず ほら話せる距離
短所も少しは積もっていく でもそれも君なんだから 
見つけたのはいくつかの君 いい君もそうでない君も
それすらも認める気になった奴はおまえが初めてで
僕はほら 君が好き 君のためになら 死んでやるから
放さない 僕のもの 君を求める そして堕ちていく
抱きしめる 抱き返す そんな恋人 それで十分だ
君と僕の心の距離 それで十分だ
雪が降る 君が泣く 僕がなだめる そして堕ちて行く
離さない 抱きしめる 君をもとめる またも堕ちて行く
あしあとと しとしとと 降り積もる雪 それで十分だ
君を抱きしめる理由は それで十分か?
雪はもう つもらない 僕はただただ 君を抱きしめる
君の愛 僕の愛 比べれるほど 単純じゃない
君がいる 僕がいる 君を求める それで十分だ
僕が生きている理由は それで十分だ
それで十分だ