※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

朝のコーヒー  作詞/ものぐさ大臣

苦い苦い 思い出さ
朝のコーヒーには 砂糖を入れる
苦い苦い 思い出に
砂糖を入れるなど 不可能だって
朝に 目が覚めてから
布団の上で 無意味な時間過ごす
更に 携帯電話が
鳴り響いてる 静寂を突き破る
目を覚ますには コーヒーがいいな
ブラックでもいいけど 砂糖は欲しい
朝の飲み物 コーヒーがいいな
砂糖があるなら ミルクも欲しい
夜に 眠ろうとして
布団の中で 無意味な時間過ごす
更に 携帯電話が
着信伝え 静寂を突き破る
寝れなくなったよ コーヒーのせいさ
カフェインのせいか 眠れないんだ
いつまで経っても コーヒーのせいで
眠れない事が 焦りに変わる