※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

不出来な刃  作詞/COOL METABOLIC

隠したつもりで見透かされた思いの行方 陽がのぼり、陽がしずみ、未だ定まらず
僕らは何かを左の手に握って隠したまま 右の手で、お互いを、甘やかしている
恋は、恋は、染みを広げて いつしか目も背けられぬほどに心を染めていく
恋は、恋は、のどの奥のとこ 締め付けて息も絶え絶えに・・・君を呼ぶこと
あなたの隣で誤魔化してた思いの行方 陽がのぼり、陽がしずみ、未だ定まらず
卑怯な僕は君の目を見つめ、あなたの口から その言葉を、引き出して、楽になろうとする
恋は、恋は、時に不揃い 「純情」を「打算」という「魔」が呑み尽くしても「恋」は「恋」
恋は、恋は、理性を切り伏せ 打ち倒した僕をまた打つ・・・君を呼ぶまで
まるで誰かが故意にはった罠から放たれた・・・深く刺さると抜けない刃(やいば)
君と一緒にいるときは、少しは楽だけど・・・刃は心臓に届きそう・・・ああ、ああ
恋は、恋は、あれはいつだっけ 僕が初めて誰かを好きになった季節は
ごめん、あの日、あの人を追った僕 僕はいつしか、それは汚い大人になって・・・
この不出来な刃を「恋」と呼び、傷つきながら・・・生きてるよ。